響きの森の家づくり


~Think The family~なりたい家族を考えることから始まる家づくり。
いつかは子どもに個室を!
そんな親心を間取りにしていた昭和の家づくり。
はじめて手にした小さな自由から、子どもたちは何かを学びました。
そして時代は平成へ。住環境はずいぶんと様変わりしています。

100年以上現場で、その様子を見続けてきた私たち。
私たちが確信を持って言えるのは、間取りの違いが子どもたちの心に
与える影響は小さくない
ということです。
100以上あるアイデアの中から、
その実例をいくつかご紹介します。
きっと、あなたの家づくりのお役にも立つはずです。


階段まわりは会話の交差点。
昭和の頃の階段は、玄関から直接、各部屋につながっていたものです。
でも最近の間取りで多いのが、
玄関からリビング、そして各部屋へという動線。
階段周りを中心に家族の動きが交差して、
「行ってきます」や「お帰り」など、会話を交わす機会が、
自然に増えてくるという工夫
です。

こうした毎日の挨拶が交わされるのは、
家族間に限ったことではありません。
親戚やご近所のお客様とも
顔をあわせるチャンスが増えます。
こうした日々の繰り返しが、
心を開ける、素直で愛される大人への
第一歩
になるのかも知れません。


平成の子どもたちの勉強事情。
かつて、子ども部屋が「勉強部屋」と
呼ばれていた頃もありました。
勉強は一人で黙々と行うもの、
そんなイメージから
生まれた言葉なのかも知れません。

でも平成の子どもたちの、
勉強のスタイルは、もっと自由
です。
まだ小さい低学年の頃は
お母さんがいるキッチンまわりで、
大きくなっても家族の気配を感じる場所で。
そこで私たちがお勧めしているのが
階段の一部を使った「スキップフロア」
いつかこの場所から、
未来の天才が誕生するかも…。


お手伝いに最適のキッチン空間は105〜120㎝。
子どもたちが始めて家事に興味を持つ場所はキッチン。
お手伝いのよろこびを学べる格好の場所です。
キッチンを設計する際には、
設備の機能性や収納力などに注意が向きがちですが、
忘れてほしくないのがそのサイズ。

たとえばお子様と二人で料理をする場合、
システムキッチンと
背後の収納棚との最適な幅は、
105~120㎝だと言われています。
それ以下だと動線がもつれるし、
それ以上だと
振り向いての移動に二歩必要となり、
使いづらくなってしまいます。
もしあなたがお料理好きで、
将来お子様と一緒に
キッチンに立ちたいとお考えなら、
この数字を覚えておいてください。


密性の高い「高機能住宅」だからこそこだわりたいのは空気の質。

家づくりの技術は、日々進化しています。その指針の一つが「気密性」。
外気と室内とをしっかり遮断し、寒暖の影響の少ない快適な室内環境を
実現させるために開発された技術です。
でももし、そんな室内に有害な空気がよどんでいたら…。

「響きの森建設」はこれを解決するために、家そのものに免疫性を持たせました。
私たちが建てる家はすべて、『FFC』と呼ばれる技術によって実現された
家族の健康を守る『免疫住宅』なのです。

3分でわかる『免疫住宅』


どうして、住まいの空気は汚れるの?

『不健康な天然木材』の使用

健康な環境で育った天然木材は、子どもたちの心と身体に良い影響を与えます。しかし酸性雨などの環境では、汚染物質が蓄積され、腐りやすく、短命で不健全な天然木材となります。これをそのまま使用すると、空気が汚れる原因の一つとなるのです。

『化学物質』を含んだ家具の使用

防腐剤、塗料、溶剤、接着剤…など、かつて家づくりには多くの化学物質が使用されてきました。意識の高まりとともにその使用は減っていますが、ご入居後お客様が購入される家具などには、まだ多くの化学物質が含まれている可能性があります。

『高機能住宅の『通気性の悪さ』

外気の寒暖差から快適な室内環境を守るための気密性ですが、反面、室内で発生した汚れた空気を、屋外に排出しにくいというデメリットも併せ持ちます。

行き過ぎた『抗菌加工』

行き過ぎた抗菌加工は、乳幼児の皮膚を守っている善玉常在菌の数を減少させるという報告があります。住宅内装の抗菌加工が生体のバランスを崩し、ストレスをはじめとした免疫性の低下を引き起こす、意外な要因にもなっているのです。

『FFC』ってどんな技術?

住宅で使用する木材、建材、クロスにはすべて水分が(結合水)が含まれています。この水分にFe2とFe3という2種類の鉄ミネラルを含ませる技術が『FFC(水溶性二量体鉄塩)テクノロジー』です。
この処理が施された建材は、室内の有害化学物質を分解除去し、カビや感染菌などの病原性微生物の繁殖も抑えます。「響きの森建設」の家には、すべてこの技術が活かされています。当社の家が『免疫住宅』と呼ばれているのはそのためなのです。そのメリットは以下の通りです。

『マイナイオン』で室内の空気環境を改善

FFC加工された床材やクロスからはマイナスイオンの発生が活発になります。花粉・ダニ・カビなどのプラスイオンを中和し、室内に飛散する浮遊物を落下させることを防ぎます。

『遠赤外線』を放射

FFC加工された建材は、遠赤外線放射率が上昇します。これにより冬場は暖かく、夏場は爽やかな住空間となります。

『悪玉菌』を抑え『善玉菌』は応援!

FFC加工された免疫住宅は、善玉菌の繁殖を助けることで、悪玉菌の繁殖を抑制します。


一家族にひとつだけのゴールをめざして。

「響きの森建設」の家づくりのいちばんの特徴は、
プランニングの準備にじっくり時間をかけることです。
まずは、お客様がなりたい家族のイメージをしっかりと頭に思い浮かべること。
そうすれば必要な家のカタチは見えてきます。

ご心配なく。「どんなご家族になりたいですか?」と聞かれて、
「はい!…」とハッキリ答えられる方は少数派。
私たちがご一緒に雑誌や実例の間取図を見ながら、
ご家族のイメージを具体化するお手伝いをします。
夢のマイホームのスタートラインで、あなたとの出会いをお待ちしています。

成功する家づくりのステップ

    1. 情報を集める

      大半の方のマイホームのイメージは、まだ漠然としたままではないでしょうか。この段階で大切なのは、とにかく沢山の情報にふれること。住宅情報誌やチラシの広告、ホームページの施工実例、取り寄せたパンフレットなどの写真によって、イメージはどんどん広がって行くはずです。

    2. 家を観る

      次は実際の家を観てみましょう。しかもなるだけたくさん。住宅メーカー各社では、モデルハウスをはじめ、実邸の構造見学会や完成現場見学会など、家に観て触れるチャンスが用意されています。こうした見学会に参加するごとに、マイホームの知識も自然に増えてきます。

      >「響きの森」のコンセプトハウス

      >「響きの森」のイベント情報

      > 間取り図ギャラリー

    3. 資金計画をする

      簡単な要望など聞き取りを行って、ラフプランを作成しましょう。そのプランをもとに資金計画を立てていきます。住宅づくりには、建築費の他にたくさんの費用が掛かります。全て合わせていくら掛かるのか把握することが大切です。

    4. 事前審査をする

      次に必ずして頂きたいことは融資を受けれるかどうかを知ることです。「話を進めてプランも決まって、さあ建てるぞ」といった時に「融資ができません。とか、思った以上に少ない融資だった」ということは、よく聞く話です。また、お客様の時間も無駄になってしまいます。必ず銀行の事前審査を行いましょう。

    5. 土地を探す

      日照や風向きなど、土地によっては家のプランニングもまったく違うモノになります。それともう一つ重要な事は、近くに変な人が住んでいないか。風向きによって悪臭がしないか等、チェックする所はたくさんあります。好みの土地が見つかるまでじっくりと探しましょう。響きの森不動産が土地のご紹介をいたします。土地と建物を同じ会社が取り扱うメリットは、決して少なくありません。

      >「響きの森」の土地・建物情報

 

  1. 建築会社を決める

    建設会社を選ぶ時のいちばんのポイントは、自分の好みに合った家を建ててくれるかどうか。でももう一つご注目いただきたい点があります。それは会社の安定性。100年以上、地元の皆様から信頼を寄せられている当社なら、あなたのご期待にしっかりとお応えできます。

  2. 間取りを決める

    間取りのプランニングは「響きの森建設」がもっとも得意とするところです。確かな資格を持った経験豊富なスタッフが、あなたの要望をカタチにします。打合せには小さなお子様をふくめた、家族全員で参加されることをお勧めします。

  3. 素材を決める

    あなたのご予算やお好みにあわせて、内装や設備・機器を決めていきます。家づくりのもっとも楽しく、反面、大変なステップ。でもご安心ください。当社女性のコーディネーターが親身になって、完成までエスコートしていきます。

  4. いよいよ着工

    いくら立派なプランが出来上がっても、匠たちの技がなければ満足のいく家は完成しません。あなたの大切な家に関わる職人たちは、経験豊富な棟梁を中心に、いずれもプロフェッショナルばかり。100年を超えた家づくりの経験は、こうした豊かな人脈にも活かされているのです。

  5. 完成・ご入居

    いよいよマイホームが完成。時折、お引き渡しの際にお客様から「家づくりを経験して、家族の絆がさらに深まった」と、うれしい一言をいただくこともあります。これこそ住育をテーマとしている「響きの森建設」が、めざす家づくりです。

  6. メンテナンス

    住宅メーカーとの本当のお付き合いは、家が完成してから始まります。「響きの森建設」では、新築お引き渡し後、1ヵ月、6ヵ月、1年、3年、5年、7年、10年の定期点検をはじめ「住宅かし保険」や「地盤補強工事に伴う品質保証」など、ずっと住み続けていける安心をご提供します。

    ※「住宅かし保険」とは、住宅の購入や住宅の建設工事、リフォーム工事に際して、「重大な欠陥」から消費者を守るための保険です。